ハワイはヘルシー州を目指しています!

皆様、ご存知でしたか?
ハワイ州で医療通訳をしていると、慢性疾患の患者さんがハワイは多いことには気付いていました。
データを調べてみると、確かにハワイ住民の3人に2人は最低1種の慣性疾患を抱えています!!
3人に2人とは66%です! すごい数字です。

しかし今回の新型肺炎コロナ感染症は、スローなハワイ州政治を目覚めさせてくれました。
慢性疾患を抱えている方が感染した場合、重症化する可能性が高いことがわかり、ハワイ州も対策が必要になったそうです。(やっと!)
日本は公衆衛生や予防学が進んでいるため、「野菜を多く食べる」「甘い物を食べすぎない」「適度な運動をする」など一般常識として通用していますよね、

でもハワイは、、
ローカルフードにはグリーン(野菜)を入れてはいけないような雰囲気があって
マヨネーズとマカロニを混ぜたものが「マカロニサラダ」と呼ばれていて、きっと子供等はサラダを食べた気になっていて、
頭がいたくなるぐらい甘いデザートがローカルには受けていて、甘い飲み物やソーダーはごはんと一緒にが当たり前で。。
さすがファーストフードが産まれたアメリカの州です。

ハワイ州も「これはいかん!」と「健康なハワイ対策2030年」プログラムを立ち上げ、がん、ぜん息、糖尿病、肥満、心臓病を減らし、運動や健康な食事を促進するために、ハワイ州が10年間で達成させたいと考える目標が設定ました。

例として
高校生の1日の有酸素運動を少なくとも1時間実行する割合を現在の19.6%から30.6%に高めること
運動促進のため、歩道や自転車道の増加、公園やビーチでの禁煙の確認
がん検診を受けるための休みを許可する雇用主を増やす
職場での授乳を容易にする環境を整える
などがあります。

コロナウィルスで喘ぐハワイ州ですが、学ぶことも多いはず。
私もオンライン学習・リモート国際交流に貢献できるようになりました。

ヘルシーなハワイ州 大歓迎です!

ハワイのローカルフード

ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。

ハワイリボンは、ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。
英語をつむぎ、世界をつなぐ言葉のスペシャリストとなるように1対1で訓練します。
時事英文ニュースやスピーチ等を教材として、構文理解力、語彙力、リスニング力、聞き方の訓練、記憶方法、文法力、訳出力など、話し方など翻訳力にも通じる逐次通訳の基本的な英会話の技術を鍛えます。また、学生向けや社会人向けのオンライン授業やリモート修学旅行やテレワーク修学旅行での交流もおこないます。

ハワイリボン・通訳英会話塾サイト
ハワイリボンプロジェクト
オンライン修学旅行・リモート事前学習・リアル修学旅行