現地小学校訪問

誰もが幸福になりたいという目的をもって生きています。

生き方はそれぞれ違っても、目的はみんな同じなんです。

–アンネ・フランク–

 

静岡県の国立大学付属中学生約120名がハワイの小学生との交流をアレンジしました。

中学生は日本からいろんなアクティビティーを用意してくれて、ハワイの小学生も大興奮!

それにも増して、すごいのは中学生が着ているアロハシャツは、家庭科の授業の一環として

自分たちで縫ったそうです。ハワイの青空の下での記念写真でもアロハシャツが映えますね。

また、合唱も披露してくれました。アラモアナショッピングセンターのセンターステージでも披露するそうです。

これもまた感心するぐらい綺麗で、感心しました。

先生方の事前指導、そして中学生のモティベーションの高さに敬服しました。

日本の中学生も、ハワイの小学生も、あなたたちの背中に希望が見えます。

頑張れ!