United State of America:New York, New York ニューヨークに到着しました!

New York, New York
New York, New York
New York, New York
New York, New York

ハワイを午後3時に出発し、太平洋とアメリカ大陸を横断して約10時間。JFK(John F. Kennedy ) 空港に翌朝の朝6時30分に到着しました。
New York は、1614年にオランダ人がマンハッタンの南橋の植民地が始まりであり、これが後に「ニューアムステルダム」と呼ばれるようになったそうです。
マンハッタン・アッパー・イースト(Manhattan Upper East ) 地区を散策すると、今でもアムステルダム通り(Amsterdam avenue )がブロードウェイ(Broadway ) 通りと平行して街を縦断しています。

1664年にイギリス人が町を征服し、イングランド王ジェームズ2世(Duke of York and Albany)の名を取って「New York = 新しいYork 」と名付けられたそうです。
北海道もかつてアイヌの人々が暮らす「蝦夷の国」でしたが、明治維新以降、日本中から入植された人々が、彼らの古里の地名が新しい町に名付けました。
「北海道なのに広島?」と初めて北広島市を知った時は不思議でしたが、明治17(1884)年に広島県人25戸103人が集団移住したことから始まった町だそうです。北海道にはほかにも、奈良県新十津川村出身者による開墾地「新十津川町」、仙台の伊達藩出身者による開墾地「伊達市」など、開墾者ゆかりの地名が残されています。

アメリカの建国は1776年7月4日、まだ240年に満たない新しい新しい国ですが、アメリカ(United States of America) は、国際社会に多大な影響を及ぼす政治的・経済的・軍事的勢力があり、科学研究および技術革新における世界のリーダー的存在です。世界の経済を牽引する巨大IT企業Amazon, Google, Apple, Microsoft, Facebook はすべてアメリカの企業です。今、アメリカは事実上の世界唯一の超大国として君臨しています。歴史的に見れば、なぜ、アジアやヨーロッパの国々よりも遥かに新しい国であるアメリカが、ここまで強い影響力を持つようになったのか。。。10時間のフライト中に想いをめぐらしてみました。

私は、アメリカの資源豊かな広大な国土、自由経済そのものも活力と労働力、科学技術、自由を愛する精神と機会の平等を重んじる想い、そして英語の力だと思います。
18世紀に産業革命を成功させ、19世紀には「太陽の沈むことにない」と言われたイギリスは、世界中に植民地を持っていました。英語を話す国が世界中にすでにあり、イギリスのビジネスルールが国際的なビジネスルールになったことをさらにアメリカが強化し、ビジネス=英語となったこともアメリカが経済界をリードする要因のひとつになったのではないでしょうか。

国際ビジネス言語の英語。グローバル人材は英語をツールとしてコミュニケーション力をつける必要があります。私はその力を多くの若い人材につけてあげたいと思っています。いつか彼らがこのニューヨークの地に立った時に、臆する事なく、Hello!と目力をもって話し始めることができるように。

街を歩くと、ヨーロッパの歴史を感じるNEW YORK。
明日は、5番街(5th Avenue) を散策してみようと思います。

ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。

ハワイリボンは、ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。
英語をつむぎ、世界をつなぐ言葉のスペシャリストとなるように1対1で訓練します。
時事英文ニュースやスピーチ等を教材として、構文理解力、語彙力、リスニング力、聞き方の訓練、記憶方法、文法力、訳出力など、話し方など翻訳力にも通じる逐次通訳の基本的な英会話の技術を鍛えます。また、学生向けや社会人向けのオンライン授業やグローバル事業、リモート修学旅行やテレワーク修学旅行での交流もおこないます。

ハワイリボン・通訳英会話塾サイト
ハワイリボンプロジェクト
オンライン修学旅行・リモート事前学習・リアル修学旅行
グローバル教育