ハワイ島・キラウエア火山が噴火

2020年12月20日、ハワイ島・キラウエア火山が噴火しました。
ハワイで唯一の世界遺産に指定されているキラウエア火山公園(ハワイ火山国立公園)は2018年9月に歴史的な大噴火ののち、4ヶ月後には再び開園し、ハワイ島の壮大な自然を感じて頂けるようになりました。しかし、ハワイ時間12月20日午後9時30分すぎにハワイ島のキラウエア火山の噴火が再度始まりました。
アメリカ地質調査所(USGS)は火山警報を発出しましたが、その後火山注意報にレベルを引き下げています。ハワイ郡緊急事態管理局(Hawaii EMA)は,今回の噴火に伴う火山灰について,ハワイ島のカウ地区及びサウスコナ地区の住民に注意を呼びかけていますが,降灰のおそれは極めて低いとしています。

私のEメールにもハワイ大学の火山地質学講師より早速連絡があり写真も送ってくれました。

Here are images from last night and this morning, of the Halemaumau
eruption viewed from a safe distance, plus an IR image from HVO web cam.

ハワイアンの伝説では、火山にはペレという女性の神様がいると信じられています。
先生は、ペレがコロナ渦を怒ってる!と言っています。 はやくコロナ渦も噴火も収まりますように。。。

View from V House at dawn

Silhouettes near Kilauea Overlook

Silhouettes near Kilauea Overlook

Solstice Welcome from Pele

Solstice Welcome from Pele

火山に取り付けられているウェブカメラより。写真はすべて安全な地域から撮られています。