社長の一言 2020年5月4日

日本の教育関係者の皆さま

新緑の季節となりましたが、日本ではどのようにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?こちらハワイでも、晴れた日は初夏を感じさせる日差しとなり季節の変わり目を感じるようになりました。
さて、先週と今週は新たなコロナウィルス感染者が1桁となり、ここ数日では数えるほどとなり、個人的には終息の方向に向かう予兆を感じております。(5月1日、新規感染者1名)しかし、ハワイ州では4月末の解除は時期尚早と判断し、5月末まで延長が決定されました。ハワイ州教育局が「長期休校についてのガイダンス」によると、学校再開については、新型コロナウイルスの感染者数が0になって4週間が経過した後とするとなっています。この再開条件に従えば5月に卒業を控えていた高校4年生や大学4年生( シニア)は卒業式も行うことができません。シニアやその保護者の気持ちを思うと、胸が痛みます。

ハワイにおける高校の卒業式は成人式の様相もあり、家族、親戚、友人総出で卒業式に参加し、卒業生は顔が埋まるほどのレイ(お花のレイ)をお祝いにかけてもらいます。新型コロナウイルスが終息し、来年の夏には同窓会を兼ねて学校が1年遅れの卒業式をしてくれたらいいなと思いながら、今日も愛するマノアの街を散歩しています。

今は、この状況が一刻も早く終息し元の生活に戻れることを願い、今は私にできることを見つけ健康に留意し、この地ハワイで家族とともに静かにその日を待ちたいと思います。またお会いできる日を楽しみにそしてこの地ハワイで多くの日本の学生たちの元気な笑顔や声を聴ける日を楽しみにしております。
皆様におかれましても、くれぐれもお気をつけくださいませ。

With Gratitude, 感謝を込めて〜