しなやかでゆるぎなく

女性よ、自立しなさい。自分の足で立ちなさい。

ナイチンゲール(英国の看護師、社会起業家、看護教育学者 / 1820~1910)

長岡ホノルル平和交流記念事業が新潟県長岡市で行われました。

ホノルルからはプナホウ高校から4名、セントルイス高校から4名が参加し、通訳兼コーディネータとして同行しました。

また、ハワイのテレビ局からは、エミー賞を12回受賞しハワイの文化や現地生活(ローカルライフ)を映像に捉えた

“ Mixed Plate” で有名はパメラ・ヤングさんも同行されました。

IMG_0932[2]

彼女とも同行しながら、女性の自立について色々と話すことができました。

パメラには女性らしく慎ましく、しなやかで、でもしっかりと自分の意見を伝える強さがあります。

私のオフィスにも仕事始めに綺麗なお花を贈ってくれました。(そういう細やかな気配りは、なかなか出来るものではありません。)

「強いだけ、自分を主張するだけでは仕事も人生もうまくいかない。」と笑いながら教えてくれました。

ハワイは女性進出が進んでいます。でもみんなアロハスピリットに満ちていて、おおらかで「人を受け入れる」こと、

「理解しよう」としてくれます。たとえそれが外国人でも、英語がうまくしゃべれなくても。

ハワイは移民の島なので、「人を受け入れる」礎ができている事もありますが、パメラのように好奇心一杯で目を輝かして、人を受け入れ、理解しようと努力し、そして周りを見ながらバランスよく仕事をする姿勢に刺激を受けました。

ナイチンゲールは1800年代に「女性よ、自立しなさい。自分の足で立ちなさい。」と言っています。

彼女もきっとただ強くなるのではなく、「自分の意見を持ちなさい」、「自分の将来は自分で考えなさい」、「誇れる自分になりなさい」と言っていたのだと思います。私の母校、福岡県の筑紫女学園では「しなやかで、ゆるぎなく」と女子教育に力を入れています。

しなやかで、ゆるぎなく、女性として人として自立しましょう!

ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。

ハワイリボンは、ハワイから現役通訳が「英会話上達の技」を教えます。
英語をつむぎ、世界をつなぐ言葉のスペシャリストとなるように1対1で訓練します。
時事英文ニュースやスピーチ等を教材として、構文理解力、語彙力、リスニング力、聞き方の訓練、記憶方法、文法力、訳出力など、話し方など翻訳力にも通じる逐次通訳の基本的な英会話の技術を鍛えます。また、学生向けや社会人向けのオンライン授業やリモート修学旅行やテレワーク修学旅行での交流もおこないます。

ハワイリボン・通訳英会話塾サイト
ハワイリボンプロジェクト
オンライン修学旅行・テレワーク修学旅行