新潟県長岡市高校生ハワイ研修

「百年兵を養うは、ただ平和を護ためである」と世に伝えた連合艦隊山本五十六司令長官は、

新潟県の長岡市のご出身。真珠湾攻撃を企画された山本長官と真珠湾を擁するハワイは

深いご縁があり、2012年に姉妹都市提携を結びました。長岡市は、常に若い世代にこの戦争の歴史を

しっかりと見つめ、またグローバルな視点での平和学習を積極的に勧めており、多数の中学生や高校生を

ホノルル市に派遣しています。この夏は5名の高校生がハワイを訪れました。

ハワイの青く晴れやかな空が広がる太平洋戦没者墓地にて献花を行った生徒達は、何を感じ思ったのでしょうか。

 

「沖縄戦が始まろうとしたある朝、日本兵が海を眺めるとそこは敵の艦隊で真っ黒に海が埋まっていたそうだよ」と伝えると

「イヤだ。絶対イヤだ」と。

そうだよね。絶対イヤだよね。